人気ブログランキング |
ブログトップ

Quetzalcóatl

qu99.exblog.jp

使用カメラ SONY SLT-A55V(α55) DSC-RX100 ILCE-7M2 (α7Ⅱ)/ panasonic GF2 G6 GM1 / canon S95 S110 / olympus E-M10

カテゴリ:DT 50mm F1.8 SAM( 9 )

by qu99 | 2011-01-11 22:05 | DT 50mm F1.8 SAM | Comments(0)
by qu99 | 2011-01-10 23:01 | DT 50mm F1.8 SAM | Comments(0)
by qu99 | 2010-12-21 22:28 | DT 50mm F1.8 SAM | Comments(0)

sky

by qu99 | 2010-12-21 22:25 | DT 50mm F1.8 SAM | Comments(0)
e0216133_2372733.jpg



e0216133_2373138.jpg




伊集院光 深夜の馬鹿力
2010年12月13日放送分

伊集院氏もα55を利用しているとのことで
レンズにまつわる話が出てきた。

以前から持っていたシグマの18-250mmを使用しているとのことだが
α55装着時、誤装着のエラーメッセージが出るなどして
調子が悪いことがあったそうだ。

この不具合はシグマHPでも告知されているものであり、
それを見た伊集院氏もさっそくメールで問い合わせる。

普段なら面倒なので放っておいて忘れてしまうような事例だが、
今回は珍しくすぐに梱包
(どうでもいいがここで彼は「緩衝材」の事を
「衝緩材(しょうかんざい)」と言っていたのが気になる・・・)
そして発送したそうだ。

発送後、ふと「あれは本当にシグマの18-250mmだったのか?」
という不安に駆られ、明け方4時ごろサイトなどをチェック。

「金色のラインがあった」
「シグマのサイトの該当レンズには
見慣れないスイッチが付いている」
「ラバーグリップの模様が格子状だった」
などなどを再確認。

つまり彼がシグマ社に送ったレンズは
タムロンのそれだと気づいたのだ。

その後すぐにシグマにメール。
自らのミスを詫びると共に文末に、
「貴社の18-250mmも手元にあるんですが。
(間違えて梱包してしまった)」
というような文面を「実は持っていないのに」書いてしまう。

その後シグマからの返信の一文で
「いつも当社のレンズをお使いいただき有難うございます。」
を見つけ、心を折られる。
さらに送料シグマ負担でタムロンのレンズが返ってきたそうだ。

もはや完全に心が折れた伊集院氏、
罪滅ぼしにとでも言うか
結局シグマの18-250mmも購入したそうだ。

この放送日の翌日届くそうだが、
あわよくばそれが不具合を起こしてくれて
自分の嘘が本当になればいいのにと願っているらしい。


という、とっても彼らしいお話しでした。
18-250mm以外ではシグマのレンズを実際使用しているらしく
それを「寄れる」レンズなんて表現していたから
もしかしたら17-70mmの事なのかもしれない。


でも今日UPした写真はDT50mmのものです。
by qu99 | 2010-12-14 23:14 | DT 50mm F1.8 SAM | Comments(0)
by qu99 | 2010-12-12 19:48 | DT 50mm F1.8 SAM | Comments(0)
by qu99 | 2010-11-27 23:57 | DT 50mm F1.8 SAM | Comments(0)
e0216133_20435131.jpg



e0216133_2044156.jpg



e0216133_2044753.jpg



e0216133_20441838.jpg



e0216133_2044282.jpg





秋のNHK前あたり。
写真展とポストカード即売会のようなものをやっていた。

このDT50mm、どうもしっくりこない。
換算75mm程度なのでポートレートレンズとして使うくらいしか思い浮かばないのだが、
後ろボケが美味しい感じにならない。
フルサイズでの85mmに慣れているとは言え、
APS-C機での50mmもそれなりに使ってきた。
ペンタックスやキヤノンの廉価50mmとくらべると
このソニーの玉はイマイチな雰囲気になってしまう。
ガサガサといった落ち着きのない絵になる。

無論ピンが来ている部分は申し分ない。
開放の甘くフワっとした感も良いし、絞ってキリリとさせるも良い。
だからこそ惜しい玉だなと思う。

そしてDT35mmの異常とも言えるデキの良さを再確認するのだ。
AF周りの挙動や後ろボケの出かた、ピンが来ている所の描写など
ほぼすべてにおいてDT35mmは大きく上回っているだろう。

さて廉価単玉最後の一球、85mmF2.8。
こちらはきわめて描写評判が良いのだが、
今回の50mmが肩すかしぎみだったので
ちょっとズームの方に触手を伸ばそうかと思っている。
時間があれば銀座のショールームまで行きたいものだ。
by qu99 | 2010-11-24 21:01 | DT 50mm F1.8 SAM | Comments(0)
e0216133_22371940.jpg



e0216133_22373120.jpg



e0216133_22374113.jpg




秋深まる渋谷。
寒くなるこの時季、ストリートライブをする人にとっては厳しい季節。
今日は小春日和となったが演奏者は少なかった気がする。
そんな中歌っている人を見ると応援したくなる。

先日手に入れたDT50mmを使っての初めてのスナップとなった。
このレンズの評価はもう少し使ってみてから。
by qu99 | 2010-11-21 22:44 | DT 50mm F1.8 SAM | Comments(0)