人気ブログランキング |
ブログトップ

Quetzalcóatl

qu99.exblog.jp

使用カメラ SONY SLT-A55V(α55) DSC-RX100 ILCE-7M2 (α7Ⅱ)/ panasonic GF2 G6 GM1 / canon S95 S110 / olympus E-M10

<   2010年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧

e0216133_21415948.jpg



夜の西新宿高層ビル街。
α55の「手持ち夜景モード」というシーンモードを使用しての撮影だ。
強い光源をわざと取り込んでいる。
SIGMA 17-70mm のフレアやゴーストの出かたなどのサンプルとされたい。


e0216133_2142750.jpg


合焦後、6枚程度連続でシャッターが切れる。
その後画像処理をカメラ内で行いノイズを減らすのがこのモードの主旨だ。
携帯カメラなどに実装されて久しい画像処理手法である。

e0216133_2142113.jpg



シャープ、ディティールはかなり失われる。
しかしながらこういう条件下で手持ちで撮影が出来るというのは
なかなか楽しいし、結構ニーズもあると思う。


e0216133_21421517.jpg



長年スナップをやっていると
様々な技(壁に押し付けたり欄干に置いてタイマーを使う等々)
を駆使し、長時間露光の夜景スナップもこなせるようになるから、
正直私にとってこの機能はあっても無くても構わない。

なお、レンズにフードは付けていない。
当レンズはこういう状況下
ゴーストやフレアは上の写真らのように出る。
可もなく不可もなくといったところだろう。
by qu99 | 2010-11-29 21:59 | sigma 17-70mm OS HSM | Comments(0)
e0216133_233817.jpg


sigma 17-70mm F2.8-4.0 DC OS HSM
今日はこのレンズについて、思った所を書いてみようと思う。

HSM仕様でレンズ内手ぶれ補正、
ワイド端開放F2.8を実現し、被写体に非常に寄ることができる。
そして価格が安い。

文章で書くとコストパフォーマンス十分、大変魅力あるレンズだ。
以前私がAPS-C機を使っていた頃このレンズは無かった。
装着できるボディを手にしたらぜひ使ってみたいレンズの一つだった。


e0216133_2331876.jpg


α55においてはボディ内手ぶれ補正があるので
使用時どちらを使うか選択が可能だ。

動画撮影時はよく言われている「熱問題」を回避する為
レンズ内を使うと良いだろう。
ついでにノイズ面でもレンズ内の方が静かだ。
ボディ側を使用すると録音される高周波音が
もう少し低めの周波数になり、音量も小さめになる。

ではスチル撮影時どうするべきか。
自分は何度か試してみたがどっちもどっちだった。
これは厳密にテストしたわけではないが、
決定的な差は無いように思われる。

レンズ内手ぶれ補正無しのレンズに交換した時、
ボディ側の手ぶれ補正のスイッチを入れることを忘れる事が何度かあったので、
最近はボディ側を使うようにしている。

カメラの電源を切ってもレンズ内手ぶれ補正はしばらく機能している。
バッテリーの無駄ではないかと言う人もいるが、
正直α55はその程度の無駄が微々たるものだと言えるほど
通常使用で電池を食う、予備バッテリー必須のボディだ。
あまり気にする必要はないと思われる。

余談だが、ボディ側とレンズ側ともにブレ補正ONにするとどうなるか。
レンズが補正の為に動くゆれをボディ側は感知しないから
結果ゆらりゆらりと大きくブレてしまう。これは動画だとよくわかる。
さらにノイズも2つの音源から拾ってしまい盛大だ。
必ずどちらかひとつを選択して使用するべきだろう。


e0216133_2333099.jpg


テレ端時、レンズ前数センチまで寄ることが可能であり、
簡易マクロとして使えると売り文句にある。

これはその通りで上の写真のように前後ボケを、
下の写真のように背景ボケを意図的に作り出せる。

e0216133_233379.jpg


ただ、最近のキットレンズというのも寄れるわけで、
当ブログの18-55の作例を見ても分かるとおり
似たような写真を撮る事は可能だ。
従ってこの点がこのレンズを選ぶ決定打にはなりえないと思われる。

下の写真はズームレンジ中盤で開放撮りしている。
このレンズはこの「中途半端な焦点距離」での描写が相当良い。
開放でもそれなりにまとまった絵を作ってくれる。

e0216133_2335614.jpg


ワイド端もF4まで絞れば抜群の線描写になる。F2.8スタートの大きな利点だ。

色味はシグマらしく寒色系になる。
今日の作例は曇りの日のものばかりなのでより寒々しい色となっているが
そもそもデジタル写真は簡単にレタッチできるものであり、
色味に関してはそう神経質になることはないと思っている。
問題は階調表現や深み、ボケ味という事になるわけだが、
そこは廉価ズーム。並程度としかいいようがない。

e0216133_234390.jpg


HSMは十分静かだ。レンズ内補正のコツコツという音の方が気になるくらい。
スピードはそんなに速くないが不満はないレベル。
AF時ピントリングが回る仕様だが、コスト的には仕方ないだろう。

e0216133_2341289.jpg


重さがボディより重いので(自分はする事は無いが)首からぶら下げるとお辞儀する。
しかし手に持った感じや、プラプラと指にひっかけて持つ上では
特にバランスが悪いなど感じることはない。
男性なら問題の無い重さ、大きさだろう。

ズームリングのトルクがそこそこ重い。
密閉度が高いほど造りが良いわけではなさそうなので
設計的にこの重さを狙っているのだろう。
歩いていてレンズが伸びている事は絶対ない固さだ。
ロック機構も付いている事だし、
使う時の事を考えもう少し軽くても良かった。

e0216133_2341956.jpg



つらつらと書いてきたが今のところ私がこのレンズに課している役割は以下2点だ。

ひとつ、
広角よりにてやや絞り込んだ状態での風景スナップと被写体が近い場合の広角準マクロ。

ふたつ
望遠よりでの準マクロ利用で背景ぼかし。

ただ、ズーム中盤の描写も良いので50mm域などもっと積極的に使いたいものだ。
値段の割りにまだまだ使えるズームレンズなのでしばらく使い続けてみようかと思う。

太陽や街灯など強い光源を入れた写真などもそのうちUPしたいと思う。
by qu99 | 2010-11-29 00:04 | sigma 17-70mm OS HSM | Comments(0)
by qu99 | 2010-11-27 23:57 | DT 50mm F1.8 SAM | Comments(0)
e0216133_20435131.jpg



e0216133_2044156.jpg



e0216133_2044753.jpg



e0216133_20441838.jpg



e0216133_2044282.jpg





秋のNHK前あたり。
写真展とポストカード即売会のようなものをやっていた。

このDT50mm、どうもしっくりこない。
換算75mm程度なのでポートレートレンズとして使うくらいしか思い浮かばないのだが、
後ろボケが美味しい感じにならない。
フルサイズでの85mmに慣れているとは言え、
APS-C機での50mmもそれなりに使ってきた。
ペンタックスやキヤノンの廉価50mmとくらべると
このソニーの玉はイマイチな雰囲気になってしまう。
ガサガサといった落ち着きのない絵になる。

無論ピンが来ている部分は申し分ない。
開放の甘くフワっとした感も良いし、絞ってキリリとさせるも良い。
だからこそ惜しい玉だなと思う。

そしてDT35mmの異常とも言えるデキの良さを再確認するのだ。
AF周りの挙動や後ろボケの出かた、ピンが来ている所の描写など
ほぼすべてにおいてDT35mmは大きく上回っているだろう。

さて廉価単玉最後の一球、85mmF2.8。
こちらはきわめて描写評判が良いのだが、
今回の50mmが肩すかしぎみだったので
ちょっとズームの方に触手を伸ばそうかと思っている。
時間があれば銀座のショールームまで行きたいものだ。
by qu99 | 2010-11-24 21:01 | DT 50mm F1.8 SAM | Comments(0)
e0216133_22371940.jpg



e0216133_22373120.jpg



e0216133_22374113.jpg




秋深まる渋谷。
寒くなるこの時季、ストリートライブをする人にとっては厳しい季節。
今日は小春日和となったが演奏者は少なかった気がする。
そんな中歌っている人を見ると応援したくなる。

先日手に入れたDT50mmを使っての初めてのスナップとなった。
このレンズの評価はもう少し使ってみてから。
by qu99 | 2010-11-21 22:44 | DT 50mm F1.8 SAM | Comments(0)
e0216133_20423284.jpg



e0216133_20423931.jpg



e0216133_2042446.jpg




昨日と比べて少しは暖かい日だった。
それでも日が落ちると風が冷たく骨身に応える。
もうすこし厚着をしなくてはいけないのは分かっているのだが
まだ耐えられる内は冬服を出す手間の方が勝る。
by qu99 | 2010-11-18 20:49 | DT 18-55mm SAM | Comments(0)

e0216133_21382210.jpg



e0216133_21384464.jpg



e0216133_21385181.jpg



e0216133_21385856.jpg



今日も一段と寒くなった。
さて、新しいαレンズを手に入れたので早速試してみたいところだが
ここ連日帰りも遅く、週末に試写できればいいなと思う。
by qu99 | 2010-11-16 21:46 | sigma 17-70mm OS HSM | Comments(0)
米cakewalk社のDTMソフト「SONAR」イベント時の写真だ。

e0216133_18335252.jpg


年に一度「SONAR PREMIUM DAY」としてローランド社主催で開催される。

e0216133_18345938.jpg


会場は東京秋葉原のベルサール秋葉原。
今年はかなり地味な印象を受けた。

e0216133_1834095.jpg



e0216133_18341312.jpg



e0216133_18342239.jpg


最近様々なイベントで見かけるUSTREAM中継。
日本は、世界はどんどん小さくなる。

e0216133_18343449.jpg


ラージヘッドの黒いストラトがスタンバイ。
この機種を用意した担当の趣味が知れて良い。

e0216133_1834413.jpg



会場横は世界的に有名になったゴーゴーカレー。
その店前にて珍しい車を見かけたので記念に。
隣のドライバーも気になるようだ。

e0216133_18353289.jpg

by qu99 | 2010-11-14 18:53 | sigma 17-70mm OS HSM | Comments(0)
e0216133_091726.jpg




e0216133_0926100.jpg




e0216133_093417.jpg




e0216133_094178.jpg




秋が平野部にも下りてくる時節。

今週末はDAW系イベントに参加予定。
そこではα55で動画撮影にも挑戦してみたい。
この動画機能、まだまともに使った事がないのだ。
by qu99 | 2010-11-13 00:14 | sigma 17-70mm OS HSM | Comments(0)

e0216133_2217913.jpg



e0216133_22172054.jpg



e0216133_22172843.jpg



e0216133_22174081.jpg



散歩スナップの王道、路地。
これからも撮り続けていくだろう。
by qu99 | 2010-11-11 22:21 | DT 35mm F1.8 SAM | Comments(0)